最高峰のマッチングサイトとは

どこのサイトを選べばいいのか

出会い系サイトを使って出会いを探すときにまず一番最初に悩むのがどこのサイトに登録するかです。

ビル看板の広告だったり、インターネット広告だったり口コミだったりさまざまなサイト選びの基準がありますが、なにをみたら一番参考になるのかわからないですよね。

そこで当サイトでは、本当に出会いやすくて優良な出会い系サイトの選び方を徹底的に解説しています。

以下にサイト選びのテクニックを解説しているので、参考にすれば、本当に自分に合ったサイトに出会えると思います。

選び方を心得ておく

出会い系サイトには選び方がありますが、選び方を覚えておかないと詐欺サイトのようなところへ登録してしまいがちです。

出会い系サイトは料金が安くて会員が多いところに登録しておけばいいと思っている人がいますが、全くそんなことはなく、多角的に選ぶ必要があります。

出会い系には大きく分けて、使いこなせば出会えるサイトと、絶対に会えない悪質サイトにわけられます。

前者のサイトは本当に出会いやすい登録者数が1000万人規模のサイトで、後者はスパムメールなどを大量に送ってくる悪質サイトです。

後者は完全に詐欺サイトで、女性は全くおらず、男性をだますためだけに作られたサイトです。

こういうサイトは女性の利用者がそもそもいないので出会う出会わないという次元ではなく、サクラばかりです。

もしあなたが出会いを求めているのであれば、後者の出会えない悪質サイトに登録することだけは避けましょう。

そのために出会い系サイトの真贋を見極める目を身につけなければいけません。

会員数が多いサイト

知名度や会員数の多さは出会い系サイトの選び方で最も重要といってもいい要素です。

会員数が多い老舗のサイトであれば、会員数が多いので、女の子もそれだけたくさん登録しているサイトで、出会える確率が高いサイトと言うことです。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは、女の子が多いと言うことと同義で、出会いやすいことともつながってきます。

ちなみに、どれくらいの会員数を基準にすればいいのかというと、累計の登録者数が300万人以上の出会い系サイトに登録すれば出会いやすさはトップクラスだと思います。

数百万人以上という会員数はこれまでの累計登録者なので、常にこの人数がサイトを使っているわけではありませんが、それでも一日当たりの利用者数は数千人を超えているでしょう。

他には会員数や知名度の他に優良サイトを見極める方法として健全運営されているかもチェックしましょう。

運営実績の基準としては10年以上も運営されていれば、大量に生まれては消えていくサイトのなかでも本当に優良なサイトといえるでしょう。

運営実績がある老舗の出会い系サイトは24時間のサポート耐性が完備されているので、安心して利用できるサイトが多いです。

長く運営されていると言うことにはちゃんと意味があると言うことですね。

特定商取引方が書いてあるかどうか

商売をネット上で行うときは商取引方の記載が法律で定められています。

出会い系サイトというものも、簡潔にいうならば異性を紹介する商売と言うことになりますから、ちゃんと届け出をださなければ運営することができません。

逆に言うならば、特商法の記載がないサイトというのは違法に運営されていると言うことになります。

インターネット上で何らかの商売を行うときは事業者側はカスタマーに対して、特商法に基づいた記載をする必要があります。

ちなみにワンクリック詐欺は事業者側が事前にユーザーに対して契約内容を表示し、ユーザーが契約に同意したわけではないので無効と言うことになります。

金銭が発生することを別のページで表示しても、わかりやすく消費者に見せる必要があるので、契約無効になります。

会社概要についても細かく記載事項が定められていて、会社名から住所や電話番号などを記載しなければなりません。

住所は丁目や番地の他に建物名なども記載しなければなりませんが、悪質サイトの場合はこのページすらないところが多いでしょう。

もしくは会社概要が記載されていても、会社名が適当だったり、住所が適当だったり、レンタル事務所などのことが多いです。

悪質サイトに記載されている住所をネットで調べてみるととても会社があるようには思えないような場所だったと言うこともあります。

悪質サイトはそもそも特商法などの記述がないので、そういうさいとには登録しないようにしましょう。

もちろん大手の老舗サイトは優良サイトなので、安心して利用してください。

利用規約が書いてあるか

利用規約の表示は会社の義務なので、優良出会い系サイトには必ず記載されています。

なので、利用規約の表示がなかったり隠すように書いてある出会い系サイトは悪質サイトといえるでしょう。

出会い系サイトやマッチングアプリなどに限った話ではありませんが、いろいろなネット上のサービスには利用規約が書かれていますが、ほとんどの人は読むことはしません。

多くの人が利用規約なんて読まないことを知っているので、悪質サイトはこれをうまく利用して利用規約に高額な料金がかかることを書いています。

そして、利用規約に書いてあるからこれだけの料金を払えというように法外な料金を請求してきます。

詐欺サイトにひっかからないように利用規約を必ず一読しておきましょう。

男性が有料のサイト

インターネットの黎明期であれば、無料サイトでも興味本位で善意で運営されていたサイトがたくさんあったのですが、最近はお金にならないので、悪質サイトばかりになってしまいスパムメールや有料サイトへの誘導で稼ぐようになってしまいました。

無料で使えるサイトは魅力的ですが、そもそも女の子が使っていないので出会いようがありません。出会えないどころか、スパムメールやワンクリック詐欺などがあるので、登録してもデメリットしかありません。

有料サイトはどうしても費用がかかってしまいますが、その分いくらでも女の子がたくさんいるので、何人とでも簡単に確実に出会うことができます。

有料サイトでかかる費用は、女の子と確実に出会えるので、安いものだと思います。

ですが、あまり高額な利用料のサイトは逆にあまりいいサイトとはいえず、悪質サイトに分類されるようなサイトといえるでしょう。

例えば、有料の老舗のサイトだと、メール送信にかかる費用は50円くらいです。高くても80円くらいです。

悪質サイトといわれるようなサイトでメールを送ると200円くらいかかるので、注意が必要です。

そして、そういう高額請求をしてくるサイトというのは悪質サイトなので、サクラばかりをやとっていて、男性にメールをなるべくたくさんおくらせることにより収益をあげています。

そういう悪質な高額請求してきてサクラばかりのサイトを使うよりも、月に数千円くらいのポイント制の大手サイトを使った方が圧倒的にメリットがあります。

ちなみに、料金体系についてですが、ポイント制か月額制かどちらに登録して利用しようか迷っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

料金別で使い分けるなら、初心者の人は月額制のサイトがおすすめで、出会い系サイトのノウハウがあるひとは、ポイント制のサイトが使いやすいと思います。

ポイント制のサイトはポイントの分だけしか使えないので、出費をおさえたいひとはポイント制のサイトはおすすめです。

ですが、出会い系サイトを始めたばかりの人が使うと、思ったよりも寄り道をしてしまってポイントを無駄に使ってしまう傾向があるので、余計に費用がかかってしまうかもしれません。

定額制のサイトはどんな機能も使いたい放題で初心者向きですが、会員数がすくないというデメリットがあります。

なので、自分が求めているようなぴったりの相手と出会うまでに時間がかかるというデメリットもあります。

月額制もポイント制もどちらにもメリットデメリットがありますから、両方使ってみてどっちが使いやすいか試してみましょう。

姉妹サイトがない

これは無料の出会い系サイトでよくやっている手口なのですが、例えばAというサイトに無料で登録をさせて別の有料サイトに同時に登録させるという手法です。

そして、そのサイトではなく、別に同時登録されているサイトから一日数十件単位でメールが送られてきます。

もちろん、その数十件のメールはすべてサクラから送られてくるメールなので返信してもお金がかかるだけです。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、利用するのをやめておきましょう。

この同時登録という悪質な手法は、昔は一時的にはやりましたが、今でもやっているサイトがあるので、登録する際は注意しておきましょう。

年齢確認をしている

出会い系サイトの法律により、出会い系サイトを使う人は必ず成人している必要があります。

なので、年齢認証をしていないサイトというのは100パーセント悪質サイトなので、登録したり利用したりするのを控えましょう。

ちなみに、出会い系サイトが年齢確認をしているかしていないかにかかわらず、未成年と性的交渉をすることは違法なのでやめておきましょう。

出会い系を比較しているサイトから選ぶ

もちろん当サイトのようなランキングをしているサイトから本当に使えるサイトを選ぶことも一つのいい選び方です。

なので、もし自分で出会い系サイトやマッチングアプリを選ぶのが面倒だったら、ぜひ当サイトが紹介している出会い系サイトを使ってみてください。

ちなみに、簡単に出会えたり、安く出会えたり、無料で出会えたりする優良サイトというのは存在しないといっても過言ではありません。